So-net無料ブログ作成

ライカ エルマー 50mm f2.8(第2世代) 撮影 [ライカ]

ライカ エルマー 50mm f2.8 です
製造番号はNo199万代です
よって1963年製です
https://tochitochi-leica.blog.so-net.ne.jp/2017-09-12-3

DSC01688.jpg

DSC01689.jpg


f2.8(開放)
f2.8.jpg

f4.0
f4.0.jpg

f5.6
f5.6.jpg

f8.0
f8.0.jpg


f2.8(開放)
DSC00735.jpg










nice!(89)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライカ エルマー 50mm f3.5(第1世代) 撮影 [ライカ]

ライカ エルマー 50mm f3.5 です
製造番号はNo118万代です
よって1954年製ですので初期型になります
60年以上前の個体ですが傷もなく大変奇麗です
https://tochitochi-leica.blog.so-net.ne.jp/2017-09-12-2

DSC01690.jpg

DSC01691.jpg


f3.5(開放)
f3.5.jpg

f4.0
f4.0.jpg

f5.6
f5.6.jpg

f8.0
f8.0.jpg


f3.5(開放)
DSC00740.jpg







nice!(97)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライカ ズマール 50mm f2.0 撮影 [ライカ]

ライカ ズマール 50mm f2.0です
製造番号はNo46万代です
よって1938年製です
https://tochitochi-leica.blog.so-net.ne.jp/2018-02-23-2

DSC01648.jpg

DSC01647.jpg


f2.0(開放)
2.0.jpg

f2.2
2.2.jpg

f3.2
3.2.jpg

f4.5
4.5.jpg

f6.3
6.3.jpg


f2.0(開放)
DSC00714.jpg


ふあ~とした写りです






nice!(89)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

寒いですね [ライカ]

まだまだ寒いですね
ちょっとライカ マクロエルマリート 60mm f2.8を出して撮影してみました
https://tochitochi-leica.blog.so-net.ne.jp/2014-07-05
開放での撮影です
ボケもいいですね
1.jpg

2.jpg

でもちょっとピンと合わせがうまくいきません
3.jpg

寒さで縮こまっています
4.jpg

5.jpg

岩松もこんな感じ
6.jpg

ロウバイも終わりです
7.jpg

枯れたアジサイ
8.jpg

まだまだ 寒い
9.jpg

早く暖かくならないかな

nice!(96)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライカ ズマリット 50mm f1.5 撮影 [ライカ]

1957年製のライカ ズマリット 50mm f1.5 Lマウント
https://tochitochi-leica.blog.so-net.ne.jp/2012-08-06
DSC01640.jpg

このレンズは『クセ玉』としても有名です
DSC01641.jpg


f1.5(開放)
1.5.jpg

f2.0
2.0.jpg

f2.8
2.8.jpg

f4.0
4.0.jpg

f5.6
5.6.jpg


f1.5(開放)
DSC00702.jpg


開放絞り時にアウトフォーカス部分が非常に大きくボケる感じとなること、また、特に逆光気味の時にはややフレアっぽさも残るために、被写界深度が実際以上に浅く感じられたり、ソフトレンズのような描写と評価されたりもするようです


nice!(93)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライカ エルマー 50mm f3.5 撮影 [ライカ]

ライカ エルマー 50mm f3.5 です
製造番号はNo120万代です
よって1954年製です
https://tochitochi-leica.blog.so-net.ne.jp/2017-01-04-1

DSC01649.jpg

DSC01650.jpg


f3.5(開放)
3.5.jpg

f4.0
4.0.jpg

f5.6
5.6.jpg

f8.0
8.0.jpg


f3.5(開放)
DSC00719.jpg


有名なレンズだけありコントラストもいい感じです




nice!(92)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライカ ズマリット 75mm f2.5 [ライカ]

小さな箱です
1.jpg

中からは
ズマリット75mm f2.5 です
このレンズは2007年に35mm、50mm、75mm、90mmの4種類が販売となりました
その中の一本です
現在はf2.4になって販売されています
2.jpg

75mmという画角はポートレートによく
コンパクトなレンズになっていますので持ち運びも便利です
価格はライカのレンズの中では安いクラスになります
しかし写りはしっかりしていると言うことです
3.jpg

まだ撮影はしていませんが、楽しみなレンズです





nice!(90)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライカ クセノン 5cm f1.5 撮影 [ライカ]

クセノン 5cm f1.5 は1936年(昭和11年)から作られたレンズです
この固体は、No37万台ですので1937年製のレンズです
戦前のレンズです
https://tochitochi-leica.blog.so-net.ne.jp/2014-07-04-4

DSC01637.jpg

DSC01639.jpg


f1.5(開放)
1.5.jpg

f1.6
1.6.jpg

f2.2
2.2.jpg

f3.2
3.2.jpg

f4.5
4.5.jpg

f6.3
6.3.jpg


f1.5(開放)
DSC00696.jpg


流石にコーテイングがない戦前のレンズですので、逆光にはダメです












nice!(84)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライカ エルマー 35mm f3.5 撮影 [ライカ]

ライカ エルマー 35mm f3.5 です
製造番号はNo27万代です
よって1935年製です
https://tochitochi-leica.blog.so-net.ne.jp/2017-11-07-1
DSC01582.jpg

コンパクトなレンズです
DSC01584.jpg


f3.5(開放)
3.5.jpg

f4.5
4.5.jpg

f6.3
6.3.jpg

f9.0
9.0.jpg


f3.5(開放)
11.0.jpg


f値は、昔の大陸式ですので現在の国際式とは違います
戦前のレンズには思えません



nice!(88)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライカ ズマロン 35mm f3.5(前期型) 撮影 [ライカ]

ライカ ズマロン 35mm f3.5 です
製造番号はNo130万代です
よって1955年製です
https://tochitochi-leica.blog.so-net.ne.jp/2015-04-29
DSC01580.jpg

前期型になります
DSC01581.jpg

現代レンズにない柔らかさがあり結構人気レンズであります

f3.5(開放)
3.5.jpg

f4.0
4.0.jpg

f5.6
5.6.jpg

f8.0
8.0.jpg


f3.5(開放)
11.0.jpg


いい写りするレンズです



nice!(88)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライカ ヘクトール 5cm f2.5 開放 [ライカ]

ライカ ヘクトール 5cm f2.5 開放での撮影です
なかなかの写りです
1931年頃に生産されたレンズには思えません
https://tochitochi-leica.blog.so-net.ne.jp/2017-05-06

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

いい写りです
デジカメ&オールドレンズ撮影は面白いです




nice!(82)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライカ ヘクトール 5cm f2.5 撮影 [ライカ]

ライカ ヘクトール 5cm f2.5 です
ヘクトール5cm f2.5は1931年(昭和6年)から製造されて総生産本数10,655本(A型ライカ固定1300本含む)3群6枚構成で当時の大口径ハイスピード標準レンズでした
しかし1933年にズマール50mmF2が発売されてあまり売れなくなったレンズです
このレンズは製造番号なし、全回転(1回転)、無限ロック無し、無限ロック11時方向のモデルになりA型ライカより取り出して距離計連動にメーカー純正改造されたモデルだと思います
よって1931~1933年の間に製造された初期型のものです
御年84~86歳になります
https://tochitochi-leica.blog.so-net.ne.jp/2017-05-06
DSC01645.jpg

DSC01646.jpg


f2.5(開放)
2.5.jpg

f3.2
3.2.jpg

f4.5
4.5.jpg

f6.3
6.3.jpg


f2.5(開放)
DSC00708.jpg


なかなかの写りですね
開放時の後ろのボケは独特です



nice!(83)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライカ ズマロン 35mm f3.5(後期型) 撮影 [ライカ]

ライカ ズマロン 35mm f3.5 です
製造番号はNo148万代です
よって1957年製です
https://tochitochi-leica.blog.so-net.ne.jp/2017-11-07-2

01.jpg

02.jpg


無理のない設計で定評があるレンズです
これは後期型のLマウントレンズです

f3.5(開放)
3.5.jpg

f4.0
4.jpg

f5.8
5.8.jpg

f8.0
8.jpg


f3.5(開放)
03.5.jpg


60年前のレンズとは思えません







nice!(96)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アダプター [ライカ]

こんなものを買ってきました
RAYQUAL (レイクォール)
L39-SαE
LR-SαE
1.jpg

2.jpg

L39-SαE はライカのLマウントレンズをソニーα7に取り付けるアダプター
LR-SαEはライカのRマウントレンズをソニーα7に取り付けるアダプター
3.jpg

とりあえず完璧です
Lマウントレンズは、MLアタプターがあるのでそれを付けてM用アタプターに取り付ける事も出来ますが、MLアタプターが外れなくなる時があるのでL39-SαEを購入しました
4.jpg

ま~とりあえず手持ちのレンズはほぼ使えるようになりました
5.jpg

でも後玉が出っ張っているものとか、一部取り付けられないレンズもあります
仕方ないですね
でもそれ以上にデジカメの使い方をマスターしないとダメです







nice!(89)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライカ ズマロン 35mm f2.8 撮影 [ライカ]

ライカ ズマロン 35mm f2.8 です
製造番号はNo162万代です
よって1958年製です
https://tochitochi-leica.blog.so-net.ne.jp/2015-06-07-1

01.jpg

02.jpg



f2.8(開放)
2.8.jpg

f4.0
4.jpg

f5.8
5.8.jpg

f8.0
8.jpg


f2.8(開放)
02.8.jpg


このレンズは、160万台付近にブルーコーティングのレンズで人気も値段も高いと言うレンズですが、違いは判りません









nice!(100)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライカ ズミクロン 35mm f2.0(第1世代 8枚玉) 撮影 [ライカ]

1965年製のライカ ズミクロン 35mm f2.0(第1世代 8枚玉)レンズです
このレンズは1958年から生産されています
このレンズはライカレンズ中、最も人気が高いく、レンズ構成から別名、8枚玉とも呼ばています
https://tochitochi-leica.blog.so-net.ne.jp/2012-05-30-3

01.jpg

02.jpg


まろやかなボケがあると定評があります

f2.0(開放)
2.jpg

f2.8
2.8.jpg

f4.0
4.jpg

f5.8
5.8.jpg


f2.0(開放)
2.0.jpg


ドイツ製とカナダ製がありますが基本的には同じようです
当方が所有しているのはカナダ製です









nice!(91)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライカ ズミルックス 35mm f1.4 ASPH (第3世代) テスト [ライカ]

シリアル番号381万代の1997年製のライカ ズミルックス 35mm f1.4 ASPH です
このレンズは1994年から生産されています
https://tochitochi-leica.blog.so-net.ne.jp/2016-07-06-1

1.jpg

2.jpg

これは現代のレンズですので写りは普通です

f1.4(開放)
3.jpg

f2.0
4.jpg

f2.8
5.jpg

f4.0
6.jpg

f5.6
7.jpg


f1.4(開放)
8.jpg


やはりシャープに写りですね







nice!(90)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライカ ズミルックス 35mm f1.4 (第2世代) テスト [ライカ]

1966年からモデルチェンジして、その後35年間の作られたモデルです
ズミルックス35mmf1.4 第2世代です
https://tochitochi-leica.blog.so-net.ne.jp/2014-05-02

1.jpg

2.jpg

こちらも初期型と同じでクセ玉です

f1.4(開放)
3.jpg

f2.0
4.jpg

f2.8
5.jpg

f4.0
6.jpg

f5.6
7.jpg


f1.4(開放)
8.jpg


やはり絞り込めば普通のレンズですが、開放は独特の写りがありますね







nice!(94)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ズミルックス 35mm f1.4 (第1世代) 撮影 [ライカ]

1960年製のライカ ズミルックス 35mm f1.4 (第1世代)レンズです
https://tochitochi-leica.blog.so-net.ne.jp/2012-05-30-4

1.jpg

発売当時、世界で最も明るい35mmであるがこのレンズほど好き嫌いの激しいものはないのではないか
また、クセ玉の代表とも知られ、開放でのフレアー、ゴースト、滲みは有名である
2.jpg


f1.4(開放)
DSC00214.jpg

f2.0
2.jpg

f2.8
3.jpg

f4.0
4.jpg

f5.6
5.jpg


f1.4(開放)
8.jpg


f2.8まで絞ると普通のレンズになります
f1.4では全体的にふあ~とした写りになります
現代のレンズにはない写りです






nice!(98)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ソニーα7RⅢ [ライカ]

ん~買ってしまいました
超迷いましたが・・・
1.jpg

思ったよりもコンパクトですね
流石ミラーレス
2.jpg

レンズは買いませんでした
ライカのレンズでマニュアル撮影して行きます
マウントアダプターは、RAYQUAL (レイクォール)にしました
仲間の皆様の一押しの製品です
3.jpg

でもカメラの設定がいまいちよくわかりません
ピント合わせはすごいですね
4.jpg

マニュアルで行っているので時間はかかりますが・・
5.jpg

ん~当分悩みながら使います








nice!(87)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライカ ズミルックス 35mm f1.4 (第1世代)用 フロントキャップ [ライカ]

ライカの赤い箱です
1.jpg

箱の脇にはモデル番号でしょうか「14078」のシールが貼ってあります
2.jpg

反対側には「Front Lens Cap 35mm f:1.4」のシールが貼られています
3.jpg

中からはビニール袋に入ったキャップが出てきました
4.jpg

約45mm程度のレンズキャップです
5.jpg

6.jpg

キャップにはコード番号等はありません
7.jpg

このキャップは、ライカ ズミルックス 35mm f1.4 (第1世代)用 フロントキャップです
http://tochitochi-leica.blog.so-net.ne.jp/2012-05-30-4

8.jpg

このレンズ自体が今はレアなものとなりあまり見かける事はありません
オリジナルキャップが付いているものもほとんどありません
キャップ自体もレアです
私も実物を見るのも初めてです
9.jpg

右が今回購入したオリジナルのキャップです
左が無名のキャップです
10.jpg

微妙に中の段差等が違います
11.jpg

無名のキャップです
12.jpg

ちょっと問題が・・
レンズにフィルターを付けました
13.jpg

無名のキャップはうまくはまります
14.jpg

ところがオリジナルキャップはフィルターを付けるとはまらなくなります
ライカの他のレンズでもこのような事が時々あります
15.jpg

このキャップはデッドストックですね
16.jpg

国内のオークションでも年に一回程度は出てきますが高額です
今回は海外のオークションでえ~この値段は間違いではないかというくらい安い価格でした
たぶん出展者は相場価格を知らなかったのでしょうね





nice!(104)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライカ ズマール 50mm f2.0 [ライカ]

ライカ ズマール 50mm f2.0 とフードのSOOMPです
1.jpg

製造番号はNo46万代です
よって1938年製です
2.jpg

フードはズマール独自のSOOMPです
写真ではよくわかりませんが前側が斜めになっています
3.jpg

ライツ社初めての沈胴で大口径レンズだったが、ソフトすぎて人気がなかったようです
4.jpg

発売当初は固定鏡胴だったが、すぐに沈胴式になりました
5.jpg

固定鏡胴は2000本しかなく、中古市場では高価です
その形からヒョットコとも呼ばれています
6.jpg

ほとんどがクローム仕上げですが、沈胴の初期はニッケル仕上げです
絞りはf12.5で、その他バリエーションはフロントリングが黒いもの、赤外線マークのないもの、レンズ先端にピンの付いたもの、f2.9に目盛りがあるものなど色々とあります
7.jpg

硝材が柔らかいため、レンズ前面が傷ついているものがほとんどです
傷ついているものだと思って買うか、レンズ再研磨を前提に購入するしかありません
この個体も傷は多くあります
8.jpg

製造は1933年からです
製造本数 122860本(2000本固定鏡胴)
レンズ構成 4群6枚
フィルター径 36mm
フード FIKUS(12530)、SOOMP



nice!(101)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

関東カメラさんに行く [ライカ]

川崎駅です
1.jpg

半年ぶりですかね
2.jpg

駅前のオブジェ
3.jpg

そして光階段
4.jpg

炎天下は暑いです
5.jpg

歩くこと15分程度
6.jpg

関東カメラさんに到着です
7.jpg

今は結構フィルムカメラの修理で忙しいそうです
海外からも依頼が来るそうです
それも大量に・・
やはりネットのつながりでしょうね
8.jpg

今回は昨年末にオーバーホールを出したレンズの引き取りです
エルマー35mm f3.5とズマロン35mm f3.5です
綺麗になりました
9.jpg

何時もなら3ヵ月程度で仕上がりますが、今回は4ヵ月かかりました
やはり忙しいためだそうです
さてこのレンズを持って撮影に行かなくては・・




nice!(107)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライカ ズマロン 35mm f3.5 [ライカ]

ズマロンです
1.jpg

ライカ ズマロン 35mm f3.5 です
製造番号はNo148万代です
よって1957年製です
2.jpg

そしてLマウントです
このレンズは1946年から生産がされて、1956年にモデルチェンジしました
よってモデルチェンジした初期型でメートル表示です
3.jpg

現代レンズにない柔らかさがあり結構人気あります
4.jpg

前期と後期があり外観が違います
こちらが前期型です
http://tochitochi-leica.blog.so-net.ne.jp/2015-04-29

5.jpg

製造本数:80019本
レンズ構成:4群6枚
最小絞り:f22
最短撮影距離:1メートル。
フィルター径:前期36㎜/後期39mm
フード:前期・FOOKH(12505)、後期・ITDOO
6.jpg

いい感じです
7.jpg

この後期型は、全製造本数約80000本の内18000本ほどしかないのでレアな分類になります
8.jpg

前期と後期ではフードもフィルター径も違います





nice!(113)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライカ エルマー 35mm f3.5 [ライカ]

コンパクトなレンズです
1.jpg

ライカ エルマー 35mm f3.5 です
製造番号はNo27万代です
よって1935年製です
2.jpg

ちょっと黄色みが帯びているのが変わりますか
ニッケル製です
3.jpg

ライカレンズの中で最も小さいレンズの一つです
4.jpg

初期はニッケルメッキで後にクロームメッキになりました
5.jpg

フードも珍しいFOOKHのブラックペイント製です
6.jpg

なかなかいいですね
7.jpg

このレンズは1930年から1950年まで作られています
製造本数は42503本です
レンズ構成 3群4枚
最小絞り f18
最短撮影距離 1メートル
フィルター径 36㎜
フード FIKUS(12530)、FLQOO、FOOKH(12505)
戦前ものはコーティングなしで戦後はコーティングが施されています
8.jpg

このレンズは戦前になりますが、レンズにはコーティングが施されていますので、後から施されたようです




nice!(103)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライカ エルマー50mm f3.5(第1世代) f2.8(第2世代) [ライカ]

ライカ エルマー 50mm f3.5(左)と50mm f2.8(右)です
形状はほとんど一緒です
1.jpg

どちらもレンズ構成は、3群4枚となります
明るさを変えたのは、レンズ硝材にランタンガラスを使用し1段明るくしました
2.jpg

後側から見るとちょっと内部形状が異なります
こちらが、エルマー 50mm f3.5です
段差が多く見られます
このレンズには内部に幾重にも遮光板を入れ、優れた内面反射防止策が施工されています
4.jpg

こちらはエルマー 50mm f2.8です
上記に比べると段差が少ないです
このため内面反射防止が以外と弱いのが弱点です
5.jpg

エルマー50mmの中では、f3.5が最も写りが良いとも言われています
6.jpg

こちらはフードです
左が初期型
右が後期型となります
7.jpg

どちらも奇麗なレンズです
新品のようにも見えますね
8.jpg

使いもしないレンズか増えてしまいました




nice!(112)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

足利 2 [ライカ]

以前、足利に行ったときに写真です
フィルム撮影です
レンズは1931~1933年の間に製造された初期型のライカ ヘクトール 5cm f2.5です
http://tochitochi-leica.blog.so-net.ne.jp/2017-05-06
1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg


なかなかゆっくり撮影できない日々が続きます






















nice!(109)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

足利 1 [ライカ]

以前、足利に行ったときに写真です
フィルム撮影です
レンズは1931~1933年の間に製造された初期型のライカ ヘクトール 5cm f2.5です
http://tochitochi-leica.blog.so-net.ne.jp/2017-05-06

スキャナーで取り込むのが最近億劫になっています
まずいですね
フィルムを消費しなくては・・

1.jpg

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg




nice!(98)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライカ エルマー 50mm f2.8(第2世代) [ライカ]

ライカ エルマー 50mm f2.8 です
製造番号はNo199万代です
よって1963年製です
この個体は、傷もなく奇麗です
1.jpg

エルマー50mm f3.5のレンズ硝材をランタンガラスを使用し1段明るくなりました
2.jpg

これといってf3.5のエルマーと変わりありませんが、内面反射防止が以外と弱いのでフードの着用が必要です
3.jpg

この個体はfeet、mの両表記ですが、feet表記のもの、m表記のものもあります
4.jpg

製造本数は5万本近くあり人気のレンズです
5.jpg

製造開始 1958年
製造本数 50000本
シリアル 1350000-2700000
レンズ構成 3群4枚
最小絞り f22
最短撮影距離 1メートル。
フィルター径 39㎜
フード ITOOY(12580)






nice!(123)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライカ エルマー 50mm f3.5(第1世代) [ライカ]

ライカ エルマー 50mm f3.5 です
製造番号はNo118万代です
よって1954年製ですので初期型になります
60年以上前の個体ですが傷もなく大変奇麗です
1.jpg

このレンズはM3と同時に発売になりました
2.jpg

後にレンズ硝材が変わりf値を2.8としてエルマーが発売になります
このレンズは内部に幾重にも遮光板を入れ、優れた内面反射防止策が施されています
3.jpg

歴代エルマーの中で最も写りがよいとも言われています
4.jpg

工学系は赤エルマー時代と同じだとしている人は多いが、コーディングは変更されているようです
製造本数は13000本程度ですが、以外に見つけにくい存在です
5.jpg

製造開始 1954年
製造本数 13198本
シリアル 11240000-1913000
レンズ構成 3群4枚
最小絞り f22
最短撮影距離 1メートル
フィルター径 39㎜
フード ITOOY(12580)


nice!(120)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー