So-net無料ブログ作成

ライカ ズマール 50mm f2.0 [ライカ]

ライカ ズマール 50mm f2.0 とフードのSOOMPです
1.jpg

製造番号はNo46万代です
よって1938年製です
2.jpg

フードはズマール独自のSOOMPです
写真ではよくわかりませんが前側が斜めになっています
3.jpg

ライツ社初めての沈胴で大口径レンズだったが、ソフトすぎて人気がなかったようです
4.jpg

発売当初は固定鏡胴だったが、すぐに沈胴式になりました
5.jpg

固定鏡胴は2000本しかなく、中古市場では高価です
その形からヒョットコとも呼ばれています
6.jpg

ほとんどがクローム仕上げですが、沈胴の初期はニッケル仕上げです
絞りはf12.5で、その他バリエーションはフロントリングが黒いもの、赤外線マークのないもの、レンズ先端にピンの付いたもの、f2.9に目盛りがあるものなど色々とあります
7.jpg

硝材が柔らかいため、レンズ前面が傷ついているものがほとんどです
傷ついているものだと思って買うか、レンズ再研磨を前提に購入するしかありません
この個体も傷は多くあります
8.jpg

製造は1933年からです
製造本数 122860本(2000本固定鏡胴)
レンズ構成 4群6枚
フィルター径 36mm
フード FIKUS(12530)、SOOMP



nice!(101)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 101

コメント 2

conta

とても貧乏人には手が届かないライカですが、同時期のSPなどのニコンのレンジファインダー機と比べると如何なのでしょうか。非常に興味があるところです。
by conta (2018-06-03 10:52) 

tochi

conta さん

こんにちは
ライカとニコンのレンジファインダーですか
これは好みでしょうかね
ライカ党、ニコン党

by tochi (2018-06-03 17:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。